製品一覧

オーリョクのハイスペック・ゲート。
これが門扉製品の共通言語となります。

門扉は大きく分けて、引くか開く。
片側だけか、両側からか。ほぼこの4種類に分類されます。
その中に、門扉本体の支え方や動かし方で、細分化されます。
クライアントの門扉環境への希望次第で、
それぞれの用途に適したゲートを設計します。

片引ゲート

開口部から収納部へ、スライドする門扉

片引ゲート
片引ゲート 型式ラインナップ

自立型

門扉自身が自立し、片方にスライドして開閉する門扉。

安定器型

1本立ち門扉が、スライドしながら、
垂直状態で走行を維持できる装置(安定器)を有する門扉。

自立安定器型

収納するスペースを1/2に縮小でき、且つ、開口部を全閉せずに、
一部開けて残しておける門扉。例えば、車1台分のみが通れる開口を残して、
あとは閉めておく事が可能。

ノンレール型

床にレールが無い門扉。
上記門扉のように、通常はレールを要しますが、レールのない門扉も可能。

両引ゲート

両サイドにスライドして、収納されていく門扉

両引ゲート
両引ゲート 型式ラインナップ

自立型

門扉自身が自立し、両サイドにスライドして開閉する門扉。

安定器型

1本立ち門扉が、両サイドにスライドしながら、
垂直状態で走行を維持できる装置(安定器)を有する門扉。

自立安定器型

収納するスペースを1/2に縮小でき、且つ、開口部を全閉せずに、
一部開けて残しておける門扉。

ノンレール型

床にレールが無い、両サイドにスライドする門扉。
上記門扉のように、通常はレールを要しますが、レールのない門扉も可能。

片開ゲート

全閉状態から、スイングして開く門扉

片開ゲート
片開ゲート 型式ラインナップ

レール型

床にレールがあり、その上をスイングして開く門扉。

ノンレール型

ヒンジでスイングする門扉。ヒンジは上下調整可能。

両開ゲート

全閉状態から、両サイドにスイングして開く門扉

両開ゲート
両開ゲート 型式ラインナップ

レール型

床にレールがあり、その上を両サイドにスイングして開く門扉。

ノンレール型

ヒンジで両サイドにスイングする門扉。ヒンジは上下調整可能。

大型ゲート

スライド門扉で、長さが20mを超える門扉

特殊ゲート

カーブゲート(円弧にスライドする門扉)、
勾配ゲート(傾斜地でスライドする門扉)

装飾デザインゲート

美的感覚を有する門扉で、多様な素材にて、
シンプルな装飾や複雑な装飾を施した
スライドまたはスイング門扉。

施工事例

門扉仕様カテゴリー